HOME > 講習会・イベント一覧 > 講習会・イベント詳細

講習会・イベント詳細

建築士業務の紛争・保険・処分事例解説講習会(14/09/04)

2014/08/25

教育講習委員会より

『建築士業務の紛争・保険・処分事例解説講習会』

2005年の構造計算書偽装事件後の建築基準法及び建築士法の改正では、それらの違反に係わる処分の厳格化が図られるようになり、建築士に法令尊守の一層の責任が問われるようになりました。
そして、日本建築士会連合会では、建築士業務責任部会が設けられ、民事裁判の判決事例、調停事例、相談事例などの紛争事例と、法令違反に関わる行政処分事例をまとめた「建築士業務の責任と処分」が2011年に発刊され、それをテキストとした講習会が開催されてきました。
しかしながらその後も建築に係る紛争は、多様化するとともに増え続け、建築士の処分もより厳格化になっていることも踏まえ、2013年にその内容が全面的に見直され、「建築士業務の紛争.保険.処分事例」として新たに発刊されることになりました。

そこで、(一社)神奈川県建築士会ではこのテキストを使用して、業務上特に注意しなければならないことを取りまとめた事例の紹介と解説の講習会を開催させていただくこととなりました。
今回は、今まで公表されなかった建築士を対象とした、建築の事故時に適用される保険の適用事例も紹介いたします。
建築紛争を起こさぬよう、法令違反を犯さないよう、事例を参考に実務に生かしていただければ幸いです。

【日 時】平成26年9月4日(木)13:20〜
【定 員】100名
【会 場】神奈川県建設会館2階 (横浜市中区太田町2-22)
【講 師】後藤 伸一(ゴウ総合計画梶A責任検討部会長)
     山中誠一郎(鞄s市建築設計事務所デザインタンク、責任検討部会委員)
【受講料】会員 5,000円 会員外 7,000円 (共にテキスト代込)
【テキスト】「建築士業務の紛争・保険・処分事例」定価3,240円(税込)
      編著 (公社)日本建築士会連合会建築士業務責任検討部会

詳細・お申込みはこちらのURLをご覧ください。
http://www.kanagawa-kentikusikai.com/osirase/annai/h26kyouiku0904.pdf